これまでの活動

全国専門人形劇団協議会・優秀人形劇顕彰制度「日本人形劇大賞」
主催:全国専門人形劇団協議会 共催:いなさ人形劇まつり実行委員会

優れた人形劇(作品)を顕彰し、その創造的努力を評価するとともに、人形劇に対する文化的評価の向上、良質な人形劇創造者の育成を目指し、1999年から2007年までの9年間にわたり開催されました。
2008年以降には、それまでの受賞作品の上演を行い、10年を節目としその事業評価を試み、新たなる展開を検討しています。以下に開催の記録を掲載しています。

参加資格
プロフェッショナルな人形劇創造に携わる劇団、集団、個人に限ります。
開催時期
11月の「いなさ人形劇まつり」のなかで行います。
日本人形劇大賞
《金 賞》(1作品:賞金20万円・賞状・記念品)
・ノミネート作品中、最も優秀な作品に授与されます。
《銀 賞》(1作品:賞金10万円・賞状・記念品)
・ノミネート作品中、次点の作品に授与されます。
《特別賞》(1団体:賞金10万円・賞状・記念品)
・美術、評論など人形劇界に功労のあった団体または個人に、全人協加盟の3協議会の推薦により決定されます。
上演規定

選考規定 その他

顕彰委員会
栗田正明(委員長、事務局)、山田俊彦、納富俊郎、成田良治、小川守、石川哲次

これまでの記録

第1回優秀人形劇顕彰制度受賞作品(1999年)

金賞
「太郎君とまっすぐおばあさん」糸あやつり人形劇団 みのむし
「清姫曼荼羅」百鬼人形芝居どんどろ
銀賞
金賞が2作品のため、選考作品無し。
特別賞
和気瑞江(パペットマーケットの発行事業に対して)

選考委員
八幡和夫(引佐町助役/委員長)
石子 順(漫画評論家・日本社会大学講師)
加藤暁子(人形劇研究家)
高岡 基(大道芸ワールドカップ プロデューサー)
宮城 聡(ク・ナウカシアターカンパニー主宰・演出家)

ノミネート劇団〔作品〕
人形劇童心座 「絵本げきじょう」(千葉県)
人形劇団じろっぽ 「杜子春」(東京都)
井村淳と仲間たち  「ぼくにもできるかな人形劇場」(東京都)
百鬼人形芝居どんどろ 「清姫曼荼羅」(長野県)
人形劇団とんと 「て・て・て・て・てであそぼ」(福井県)
人形劇丹下進オフィス 「トラックとらすけ」(愛知県)
人形劇団京芸 「おさんも茂右衛門語り草」(京都府)
糸あやつり人形劇団みのむし 「太郎君とまっすぐおばあさん」(兵庫県)

第2回優秀人形劇顕彰制度受賞作品(2000年)

金賞
該当作無し
銀賞
「ちっともコリン君」 人形劇団 むすび座
「桃の浮舟」 人形一座ホケキョ影絵芝居
特別賞
黒谷都(「プロジェクト2000」の活動に対して)

選考委員
藤原明徳(引佐町教育長/委員長)
宇野小四郎(人形劇研究家)
衛紀生(演劇評論家)
広瀬依子(「上方芸能」編集次長)
山村武善(財団法人静岡県舞台芸術センター芸術局長)

ノミネート劇団〔作品〕
人形劇場だぶだぶ「王さまの耳はロバの耳」(東京都)
人形劇団くぐつ「ならなしきょうだい」(栃木県)
人形芝居ぷか「ささゆりの咲く村」(愛媛県)
人形劇団京芸「どろんここねこねねこじゃらし」(京都府)
ねぎぼうずSAYO「ぱろぱろセクハラ」
人形劇団むすび座「ちっともコリン君」
人形一座ホケキョ影絵芝居「桃の浮舟」(愛知県)
人形劇団どむならん「てんぐとかっぱとかみなりどん」(三重県)

第3回優秀人形劇顕彰制度受賞作品(2001年)

金賞
「マリオネットの小品集」 人形劇団 ココン
銀賞
「ザ・ドラマチック腹話術 赤ずきんちゃん」 よろず劇場とんがらし
特別賞
宇野小四郎
人形劇における研究、制作、脚本、演出、国際交流など、伝統から現代まで人形劇の様々な分野で幅広く活躍され、人形劇界の活性化への貢献にたいして。

選考委員
柴田 慶一(引佐幼稚園園長銀/委員長)
大内 洋子(浄るりシアター館長)
竹内とよ子(人形劇演出家)
中山 敬三(中日新聞本社放送芸能部記者)
安田 雅弘(山の手事情社主宰・演出家)

ノミネート劇団〔作品〕
人形劇団ぽけっと「おむすびころりん」(岐阜県)
人形劇・トロッコ「だるまちゃんとてんぐちゃん」(滋賀県)
エツコワールド「ころころ!」(東京都)
八王子車人形・西川古柳座「雪女」(東京都)
よろず劇場とんがらし「ザ・ドラマチック腹話術・赤ずきんちゃん」(愛知県)
人形劇団ひとみ座「マウイ・チキチキ」(神奈川県)
人形劇団ココン「マリオネットの小品集」(奈良県)
劇団かかし座「ケト゚ペカムイの槍」(神奈川県)

第4回優秀人形劇顕彰制度受賞作品(2002年)

金賞
「あやうしズッコケ探検隊」 人形劇団 ひとみ座
銀賞
該当作無し
特別賞
池原由紀夫、池原良美
西畑人形芝居の継承発展および人形劇フェスティバル活動への貢献に対して

選考委員
黒柳 勝(引佐町井伊谷小学校校長/委員長)
倉迫 康史(現代舞台芸術ユニットOrt主宰)
後藤 武弥(劇団うりんこ運営委員長)
福井 博章(静岡新聞社学芸部専任部長)
飯室 康一(全国専門人形劇団協議会会長)

ノミネート劇団〔作品〕
人形劇団ひとみ座 「あやうしズッコケ探検隊」(神奈川県)
茶問屋ショーゴ「ウサ吉くんとカメ男くん」(静岡県)
西川禎一おひとり座「ともだちや」(京都府)
パペットシアターらせんくらぶ「ゴリゴリ、ゴリくん」(京都府)
ガイ氏即興人形劇場「ぶす」(東京都)
エツコワールド「シアタートライアングル」(東京都)
すぎのこ文化振興財団「救え!緑の星を」(東京都)
夢人形ひいな「雛ものがたり」(長野県)

第5回優秀人形劇顕彰制度受賞作品(2003年)

金賞
「魔女のたまご」 人形劇団 京芸
銀賞
「路を彷徨う」 魚鱗館
特別賞
中篠弘矩(香川県旧大内町のとらまる人形劇関連施設の活動に対して)

選考委員
森下康宏(引佐町渋川小学校校長/委員長)
大野幸則(日本児童・青少年演劇劇団協同組合理事長)
菅 孝行(財団法人舞台芸術財団演劇人会議理事・演劇評論家)
杉浦佳代子(財団法人とらまる人形劇研究所パペットアーク常任講師・俳優)
中 康彦(名古屋ひまわりホール支配人)

ノミネート劇団〔作品〕
演劇企画オフィス・アートプラン「赤ちゃんがくる」 (東京都)
人形劇団京芸「魔女のたまご」 (京都府)
魚鱗館「路を彷徨う」 (兵庫県)
でこぼろ人形劇団「のはらうた」 (長野県)
人形劇団童心座「カッパのおさら」 (千葉県)
人形劇団とんと「まめたろう」 (福井県)
人形劇団パン「きつねのよめさま」 (愛知県)
糸あやつり人形劇団みのむし「決着ウサギとカメ」 (兵庫県)

第6回・優秀人形劇顕彰制度受賞作品(2004年)

受賞作品
優秀賞 「あなたがうまれるまで」 くわえ・ぱぺっとステージ
人形劇のテーマとしては取り上げにくいはずなのに、楽しくてきちんと伝えていた。また演技力や美術などすべての点で洗練されていた。
 
奨励賞
「月豆ダンゴだるま森」 だるま森
ある種の美観と美意識がベースにあってその上でナンセンスなことをやっている面白さがあることに魅力を感じる。なぜか引きつけられる不思議な魅力を持って いた。
奨励賞
「毛皮のマリー 人形劇版」 平 常
 寺山修司原作の脚本を原作に忠実に表現した挑戦魂と、一人で110分という時間を演りきってしまうことの熱意とエネルギーを感じた。
特別賞
大沢 直
裏方なしで舞台が成立しないように、制作や運営事務は人形劇の上演活動を支える大きな柱です。従来人形劇の振興、啓蒙が主催者や観客中心であったのに対し て、とかく軽視され、見過ごされていた人形劇における団体の運営事務を、一団体の枠にとどまらず、ひろく人形劇界全体の問題として捉え、行政や社会への窓 口として、人形劇の社会的認知の向上に道を拓いた功績に対して贈られました。

選考委員
大谷義房 (引佐町助役/委員長)
岡 純子 (静岡県子ども劇場おやこ劇場連絡会・事務局長)
木田敬貴 (財団法人とらまる人形劇研究所・附属人形劇学校)
澤田 修 (劇団風の子東北・代表)
山村武善 (季刊 演劇人・編集長)

ノミネート劇団
人形劇団じろっぽ 「まんじゅう殿様」(東京都)
劇団小さいお城 「ピノッキオ」(東京都)
人形劇団ばんび 「ちょうふく山のやまんば」(愛知県)
人形劇団クラルテ 「気のいいおんどり」(大阪府)
くわえぱぺっとステージ 「あなたがうまれるまで」(京都府)
かわせみ座 「Silent Poems」(東京都)
平 常(たいらじょう) 「毛皮のマリー人形劇版」(東京都)
だるま森 音曲人形芝居「月豆ダンゴだるま森」(東京都)

第7回・優秀人形劇顕彰制度受賞作品(2005年)

金賞
「ちいさくなったパパ」 人形劇団京芸
場面転換や遠近感の表現方法も面白く、とてもスムーズでリズム感もありました。
また、三人の役者のコンビネーションが良く、全力で舞台に挑んでいる清々しさも感じられました。
最後まで観客を飽かせずに楽しませてくれた作品でした。
銀賞
該当作品なし
特別賞
いいだ人形劇フェスタ実行委員会
「いいだ人形劇フェスタ」は、1979年にスタートした「人形劇カーニバル飯田」を1999年より受け継ぎ、通年で27年の歴史があり、質、量ともに日本 で最大の人形劇フェスティバルであるのは誰もが認めるところです。それは、人形劇人と市民と行政の協調によって成功した初めての例です。人形劇界はもちろ んのこと、多くの自治体が注目し、数ある全国の人形劇フェスティバルの雛形ともなる新しいあり方を示唆するものでした。
人形劇の振興と社会的認知の向上、国内のプロ・アマ劇団を含む現代人形劇や伝統人形劇、そして世界の人形劇を愛好する人々との交流に寄与した功績は大であ り、その努力に敬意を表します。

選考委員
大久保一康(とらまる人形劇研究所 理事長 / 全国専門人形劇団協議会 副会長)
大森ちづえ (蒼い企画 代表 / 日本青少年音楽芸能協会 副理事長)
美和富美代 (浜松市教育環境協議会 会長)
山村武善  (舞台芸術財団演劇人会議 季刊「演劇人」編集長)

ノミネート劇団
人形劇団じろっぽ 「茂吉の猫」(東京都)
だるま森 「月豆ダンゴだるま森」(東京都)
腹話術KENちゃんハウス 「けん子姫と秘蔵の宝」(愛知県)
人形劇団クラルテ 「たまごまごまご」(大阪府)
人形劇団京芸 「ちいさくなったパパ」(京都府)
ひつじのカンパニー 「キナコちゃんとダンス!!」(福岡県)
ぱぴぷぺぽ劇場 「セリフのない人形劇短編集 あれっ!?」(千葉県)
あとりえMOON 「おさるのおしり」(東京都)
マリモネ 「落ちてきた男」(東京都)
(マリモネは事故のため参加中止)

第8回優秀人形劇顕彰制度受賞作品(2006年)

金賞
「チャハハ丸とヘヘヘ丸」 人形劇団ココン
ストーリーやセリフのテンポそしてセンスのよさなど、子どもの心にスーッと入ってくる心地よさがあり、子どもをどう捉えているかということでは引っかかり 無く観ることが出来ました。子どもが何かに挑戦するということについての世界がこの作品にはよく現れていたようです。
銀賞
「おとぎの国のゆうびん屋さん」 よろず劇場とんがらし
爽やかで誠実さと真摯な感じのする舞台でした。お芝居の雰囲気もとてもよく、きちっと計算されていると舞台だと思います。今後の可能性を感じる作品でし た。
特別賞
「札幌市こども人形劇場こぐま座」
日本で始めての公立人形劇場こぐま座は、今年30周年を迎えました。
人形劇場という拠点が出来たことで、札幌および北海道の人形劇の活動はより活発になり、またその影響は全国に波及したと考えられます。そして人形劇場こぐ ま座の活動は、その後誕生する公立の人形劇場の雛形ともなりました。
人形劇の振興と社会的認知の向上に寄与した功績は大であり、その努力に敬意を表するものです。今後の益々の発展に期待します。

選考委員
大久保一康 (とらまる人形劇研究所 理事長 / 全国専門人形劇団協議会 副会長)
大野浩司  (浜松市立金指小学校 校長)
上保節子  (劇団たんぽぽ 代表 / 日本児童演劇協会 理事)
高岡 基  (静岡県演劇協会 理事)
森本真也子 (子ども劇場首都圏 事務局長 )

ノミネート劇団
人形劇団ポポロ 「はなたれ童子」(東京都)
人形劇童心座 「さるじぞう」(千葉県)
よろず劇場とんがらし 「おとぎの国のゆうびん屋さん」(愛知県)
人形劇団むすび座 「うみぼうやとかぜばんば」(愛知県)
人形劇団ののはな 「あかずきんちゃん」(福岡県)
人形劇団ココン 「チャハハ丸とヘヘヘ丸」(奈良県)
げきだん はてな 「あしたの天気はかえられる」(神奈川県)
ほんわかシアター 「かあちゃん だぁーいすき!!」(愛知県)

第9回優秀人形劇顕彰制度受賞作品(2007年)

金賞
「弥勒伝承」百鬼どんどろ
人形の所作、あるいは立ち居振る舞いの見事さに感心しました。人間と人形の境を感じさることのない、まさしく人形が生きて演じているという人形劇のそのものの表現、本来あるべき表現がそこにあったように思います。
銀賞
「潜水海賊キャプテングック」人形劇団京芸
人形劇の表現を大きく広げるような挑戦であり、それが上手く達成されていました。
意表をつかれるダイナミックな物語が展開され、人形劇でなくては出来ないスペクタクルなものを感じました。
銀賞
「仙人の知恵袋」人形劇団ばんび
昔話をテンポよく、演出にもリズム感がありました。それは転換の良さであり、美術のシンプルさ、そして、その中で竜の滝登りのような意表をついた表現もあり、人形劇として効果的に観せてくれました。
特別賞
プーク人形劇場
日本で初めての現代人形劇の専門劇場としてプーク人形劇場は、昨年35周年を迎えました。
人形劇団プークの公演のみならず、日本の伝統人形劇の創造的継承と世界の人形劇との交流をはかり、現代人形劇の発展と普及に貢献されました。人形劇の振興と社会的認知の向上に寄与した功績は大であり、その努力に敬意を表するものです。今後の益々の発展に期待します。

選考委員
大原淳司  (子ども劇場首都圏 代表)
土屋友紀子 (日本青少年音楽芸能協会 理事)
夏井孝裕  (reset-N 主宰・演出家)
西川禎一  (全国専門人形劇団協議会 理事長)
平井守信  (浜松市引佐地域協議会 委員)

ノミネート劇団
だるま森 「カリカリ砂漠の夜は更けて」(東京都)
人形劇団ばんび 「仙人の知恵袋」(愛知県)
劇団小さいお城 「ちいさいおしろ」(東京都)
人形劇団京芸 「潜水海賊キャプテン・グック」(京都府)
人形劇団クラルテ 「ゴリラのパンやさん」(大阪府)
百鬼どんどろ 「弥勒伝承」(長野県)
グレゴの音楽一座 「グレゴの音楽一座」(東京都)
げきだん はてな  「どーするはてなくん」(神奈川県)

TOPへ移動